とくなが

 −未来を担う子どもたちの幸せを願って−
  2004/8/15

 
「開業25周年記念アルバム」より

平成16年6月4日、レオの25歳の誕生日です。昭和54年に誕生して、4半世紀を迎えました。
私もこの4月4日で満60歳、還暦です。ぎゃ〜!
開業した当時、全く手探りの状態から始め、ず〜っと自分のスタイルを変えることなく、ここまで続けられたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。
母親教室も開業して2週目から始め、昨年の7月30日には1000回を迎えました(現7月末1043回)。毎週することに挫折しかけたことも何度かありましたが、参加してもらえる母親がいてくれたおかげで、何とかここまで続けることができました。
そして、いまだに“就学前の子どもたちの治療は午前中だけ”という診療体制も頑固に通しています。年々、子どもが減り、むし歯も減ってきている中で当然、新患数も減っています。そんな中で、“よう やってきたなぁ!”と「自分を自分でほめてやりたい」気分です。これも一重に私を支えてきてくれた、100余名になるスタッフの皆さんのお陰です。そして私の家族、とりわけ最愛の妻にも“ありがとう!”と言わせていただきたい(ちょっと照れま〜す!)。
皆さん!本当にありがとう!!
25周年記念アルバム、記念パーティー、そして記念医局旅行と、現役スタッフには大変苦労をかけました。この場を借りて“ありがとう!”とお礼を言いたいと思います。

私の診療理念として、次のことを挙げます。
「子どもたちの口腔内の健康維持のため、これからも『予防』を最優先し、定期健診の充実に努めます」
「口腔疾患の早期発見・進行抑制・機能回復への管理体制をより充実させるよう頑張ります」
まだまだやり残していることがたくさんあります。
これからどれだけ臨床ができるか分かりませんが、あと20年かな?(おいおい!80歳までやるんか!)
口が衰えない限り、まだまだ頑張りたいと思います。これからも宜しくお願い致します。

医療法人社団 とくなが小児歯科クリニック“レオ” 
理事長 徳永 順一郎

一覧に戻る

←トップページ このページのトップへ↑