レオの診療システム
-れおのしんりょうしすてむ-


◆初診
●お口の中を詳しく診査します。
●心配なこと、不安なことがありましたら何でもお話し下さい。
●1歳6ヶ月から12歳まで受付けていますが、できるだけ低年齢のうちからきてくださいね。
●初診日は原則、治療は行いません。歯磨き練習をして帰ります。応急処置がある場合はその限りにありません。
●就学前のお子さんは応急を除いて午前中の診療をおすすめします。

◆プラークコントロール
[歯磨き指導]→詳細
●正しい歯磨きをお教えします。
●4歳になったら個人指導、それまでは保護者の方にお教えします。
●歯磨きの4つのポイント(回数・順番・圧力・方向)を中心にお教えします。

◆マザースクール→詳細
●毎水曜日に行います。(第1,2,4:水曜am9:30〜11:30 第3,5水曜:pm2:00〜4:00)
●継続管理をご希望の方は全員受講していただきます。(受講費は無料です。)
●内容はむし歯予防のポイント、治療方法、歯並び、正しい食生活・習慣、治療費などです。
●"時間を忘れるほど楽しく聞けた"との評判です。・・??

◆診療と治療
●治療方針を立ててこれから治療が始まります。
●より安全に、よりスピーディに進むように心がけています。
●本人の自立心を擁立すべく、保護者分離の中で治療を行います。但し、2歳未満と障害児は除く。
↓↑

◆健診
●お口の中の異常は自分で気づかないうちにひどくなります。
 具合の悪いところがあるなしにかかわらず健診を受けましょう。
●健診日にはお子さまの精神的負担を考え、原則として治療は行いません。
●健診間隔は原則4〜6ヶ月です。
●治療が終わった時点で、次回の健診日を決めます。
●通知案内の葉書に自筆で住所氏名を書いていただきます。
●通知案内の葉書は予約日の約2〜3週間前にご自宅に配達されます。
予約の変更はできるだけ早くお電話で申し込んでください。

◆卒業
●年齢の制限はありません。少なくても、永久歯が全部そろうまでは健診を続けましょう。
●健診を続けている中学生以上(13歳〜?)の子どもたちが全体の20%以上おられます。
●卒業後も必ず一般歯科で健診を受けましょう。

◆応急
痛いとき、心配なことがあったときはすぐお電話ください。

◆レオからのお願い
裂来院前には必ず歯をみがいてきてください。
裂治療の前におトイレに連れて行ってください。
裂お約束の日時に来院できない方は、出来るだけ早くご連絡ください。
裂緊急来院のときも、あらかじめ連絡してください。
裂身体のコンディションが悪いときは前もって言ってください。
裂泣くお子さまを治療するとき、また急患があるときは治療開始の時間がお約束よりも遅れることがありますがご了承ください。
裂就学前のお子さまは午前中の治療をおすすめします。(午後は精神的に不安定になりやすいから)
裂治療完了後4〜5ヶ月毎に定期健診を受けてください。フッ素塗布希望の方はそのとき行ないます。

トップへ
レオの概要
院長・スタッフ紹介
レオの診療システム
お母さんの歯磨き点検法
TV放送・記事
アクセス