歯科医院での断水時の緊急処置について

  去る4月14日(木)に熊本県およびその周辺に発生した大地震「平成28年熊本地震」で被害を受けられましたみなさんには心からお見舞い申し上げますとともに、できるだけ早い復興をお祈りいたします。

歯科医院で電気が通じても水が出ないとき、阪神淡路大地震や東日本大震災で役立ちました緊急処置を簡単にご紹介します。

ホームセンターで農業用噴霧器を手に入れることができれば、超音波スケーラーの取り口と接続するだけで、エアータービン、スリーウェイから水を出せるようになります。ゴムホースの先端に取り付ける器具(ワンタッチ接手カチットのオス、竹の子接手)は材料屋さんやホームセンターで手に入ります。今回も熊本の先生方にメールでお知らせしました。

詳しくはこちらをご覧ください

このたびの地震は震度7が連続2回という過去に例がないものでした。その結果、1回目を耐えられた建物も2回目で崩れてしまったものもたくさんあったようです。いまだに余震が続く中、子どもたちについては、これからのPTSD(心的外傷後ストレス症候群)が気になります。これから多くの皆さんのご支援を賜りますようによろしくお願いいたします。

PDFをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要となります。
お持ちでない方は左の絵をクリックし、ダウンロードして下さい。(無料)